プリズナーズ

wall03_20140212_0004.jpg
4月30日(水) @なかのZEROホール

※大きなネタばれありません。

幸せに過ごしていたドーヴァー家&バーチ家。
一緒に夕食会を開いた日、それぞれの娘アナとジョイが外に遊びに行ったきり行方不明になってしまう。
アナの兄ラルフが、さっき見かけたキャンピングカーに子供たちがすごい興味を持っていたことを思い出し、車の場所へ行くもすでに移動したのか居なくなっていた。
そして本格的に警察が捜査を開始し、これまで事件を迷宮入りさせたことのないロキが担当となる。
すぐに、キャンピングカーの持ち主であるアレックスが容疑者となるも物的証拠が何もなかったため釈放されてしまう。
一刻も早く娘たちを助けようと考えたアナの父ケラーは、アレックスの意味深な発言から、彼が犯人だと確信。
警察もあてにならないと考え、かつて自分が住んでいたすでに廃屋となっている家にアレックスを監禁し、拷問して娘の居場所をはかせようとする。
ロキが捜査を進めていくと、アレックスが行方不明になるわ、新たな容疑者や、町で以前にも子供たちの大量誘拐が起きていて未解決であることが判明する。
しかしそれが報道された頃は、狂気に満ちたケラーによって、アレックスは血まみれで顔がパンパンに腫れ上がる程ボロボロになっていた。

---+---+---+---

とにかく重く圧し掛かる映画でした。
テーマがテーマだけに。。。

犯人以外、誰も悪くないはずなのに、娘がいなくなったことによって被害者家族が精神的に病み、狂気に満ちて周りが見えなくなってしまう展開には、ハラハラさせられっぱなしでした。
スピード感があるわけではないのですが、展開はどんどん進んでいって、映画自体はあとゆう間に終わってしまった。
見終わった人からは、見てて疲れた~と話してる人が多かったです^^;

とにかく色々な人物や要素が絡み合い、いたるところに伏線がはりめぐらされていて、一時たりともヒントを見逃さないように見たほうがエンディングに向かうにつれて糸口が繋がっていって面白さが倍増すると思います!

久しぶりに真面目で重厚なテーマの映画を見ましたが、考えさせられることがいっぱいありました。
特にエンディング。
人によって好き嫌い分かれそうですが、私個人的にはすごく好きな終わり方です。

参考になったら!
この作品が気になったら!クリックお願いします♪
  ↓     ↓     ↓

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へにほんブログ村 映画ブログへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

*Link/Online*
オリジナルドラマやディスク化されていない最新海外ドラマが配信されることも♪番組により配信期限があるので、詳細は↓
  • 管理画面
  • *DVD・Blu-Ray*