マルコ・ポーロ/東方見聞録

marco_polo_2007_nyrelease.jpg
TV映画がDVDになっていたので鑑賞!
一人『ヴァンパイア・ダイアリーズ』祭りスタートですw
デイモン役を演じるイアン・サマーホルダーが主役です♪

*第一話*
身代金目当てで誘拐・監禁されているマルコ・ポーロが、同じく監禁されていた作家に話したストーリー。

皇帝フビライ・ハーンをたずねて旅をするベネチア人のマルコ・ポーロ。
人生は冒険、と言う父の言葉を信じ、一人、旅先のモンゴルに残る決意をする。
旅路で奴隷として連れてこられたペドロも一緒に残る。
父に言われた通り、異国でのことを嘘だと思われないために、見たこと全てを日記に書き綴る。

!!!以下ネタバレ含みます!!!
marco.jpg
西洋とは、生活・衣装・医療・作法・金貨・宗教も違う。
ハリの治療に驚き、金貨でなく紙幣で買い物ができる制度に驚き、カキ氷のおいしさを知る。
皇帝や、皇帝側近のアフマッドに怯えつつも、帝国からは出られない生活を送っていた。

ある日、奴隷たちが反逆し、なんとかマルコの奴隷は生き残り戻ってくる。
マルコは、皇帝に対し、皇帝の名のもとに側近たちが強奪を行っていては反逆するのも当然だと反抗してしまい囚われる。
しかし正直さを買われ解放、新たな側近になるよう命令され、皇帝から女性・テムルンをプレゼントされる。
テムルンに恋をしたマルコだったが、彼女は村から強制的に連れてこられたペドロの親戚だと知る。

皇帝に命ぜられ、スパイスのとれる島との外交を頼まれ、長い旅に出ることになったマルコ&ペドロ。
外交のつもりだったが、皇帝はマルコの能力を試していた。
外交ではなく戦争がはじまり、フビライは勝利を収める。

*第二話*
マルコが外交で長期不在となった間に、テムルンは自分の人生を取り戻そうとし、脱走。
しかし未遂に終わり、処刑されてしまっていた。
テムルンは村に残してきた愛する人のもとへ戻ろうとしていたことを知ったマルコ。
村へ帰還し自宅に戻るも、テムルンとの思い出ばかり思い出す。
marco2.jpg

未だ西洋からのスパイと疑いを持つ者もいる中で、中国以外の土地を把握し地図の空白を埋めるため、外国への調査を命じられる。
歩けば歩いた分だけ新たな世界を見ることができる、そんな旅を15年も続けた。
気力と体力の限界を感じる部下たちは次々と死んでいき、マルコに仕えることに不満を持つものも出てくる。
地の果てまで行けていないが、ペドロはマルコを諭し、国へ帰ることを決める。

帰国したマルコは、なんとテムルンの妹テンサイと同居し結婚を考え始める。
しかしそんな時に、皇帝夫妻が病気になりもういつまで生きられるかわからない状態になってしまう。
そして友好関係を結ぶためにペルシャ王とテンサイの政略結婚が計画される。
船でペルシャへ向かい、そのままベネチアへテンサイと逃亡する計画をたてるも、皇帝にばれそうになる。
しかし、マルコの世話役チェチュンの後押しもあり、なんとか国外へ出ることに成功。

船では海賊に襲われ、食料も尽き、数年かけてやっと着いたシャムの国で、皇帝が死んだことを知らされる。
もう仕えていた者は誰もいない!自由だ!と思った矢先、政略結婚は予定通り行うと知ったテンサイは脱走を試みる。
すぐに捕まり、それがマルコとの別れになった。

マルコはペドロと共にベネチアに戻り、父と再会する。
そして父と同じ商人になり、大金持ちになった。

---+---+---+---

TV映画っていうから2時間くらいかと思ったら、2話だったから計3時間くらいあって長っ!と感じました。
ちょっと歴史とか昔の話って苦手なんだもーん!!!
けど意外なことに、見やすかったです。
日本の大河ドラマとか歴史物とは違って、展開も速いし人間関係が複雑じゃないし!
東洋の風貌でもイアンはやっぱり素敵でした♪特に目が!ちょっとだけお色気シーンもあったぜ<3w
もうね、3時間イアン尽くしですものwお腹いっぱいってくらい大満足です♪

参考になったら!
この作品が気になったら!クリックお願いします♪
  ↓     ↓     ↓

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へにほんブログ村 映画ブログへ

 ■DVD■
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

*Link/Online*
オリジナルドラマやディスク化されていない最新海外ドラマが配信されることも♪番組により配信期限があるので、詳細は↓
  • 管理画面
  • *DVD・Blu-Ray*